【トークは伏線が超重要】抱ける男になる伏線トークとは!?

コミュニケーション術

どうもこんにちは、motesable(もてサブレ)です!

さて、今回は「モテる会話術」についてさらに深堀していきたいと思います!

皆さんは女性との会話の中で意識していることってありますか?

……

会話で意識すべきことって実はたくさんあります。

  • 相手の表情
  • 声の大きさ
  • 状況に応じた会話内容

などなど。

もちろんこれらも超重要なのですが、正直これらはできて当たり前です。

※ちなみに会話術については以下の記事を参考にしてみてください。

(⇒【一生女性との会話に困らない!】元ホストが伝授する究極の会話術とは!?

トークの基礎を踏まえたうえで、今回は

〇女の子と楽しく会話できていたのに、「友達としか見れない」と言われた

〇会話は盛り上げられるが、もう一歩先に進めない

という方必読です。

「それなりに会話はできるけど、あと一歩が足りない」

という人は、「伏線トーク」ができていない可能性があります。

今回の記事で「伏線トーク」を身につけることができれば、

もっと楽にホテルに連れ出し、女性をその気にさせることができます。

是非最後までお読みいただけますと幸いです。

■「伏線トーク」とはなんぞや!?

伏線トークとは、

「ゴールから逆算してトークを組み立てる」ことです。

別の言い方をすれば「匂わせ」でしょうか?

この「伏線トーク」で重要なのは、

「ゴールをどこに設定するのか?」ということ。

とはいえ、ほとんどの方が

「今日ホテルや家に連れ込んで抱きたい」というのがデートのゴール(目標)だと思いますので、

その体で話を進めます。

さて、我々男性が「今日ホテル行きたいなあ」と考えていても、

女性に全くその気がなければ連れ込むことは難しいでしょう。

そこで、デートにおける会話の中で

「2人はこれから男女の仲になる可能性がある」という伏線を散りばめておくのです

この伏線を会話に忍ばせておくことで、女の子は

「あれ?今日ひょっとして私抱かれるのかな?」

と潜在的に意識し、デートの終盤でホテルに連れ込むことが簡単になります。

また、ゴールに対して想定される相手の反論(グダ)をあらかじめつぶしておく

というのも伏線トークの役割です。

ゴールから逆算し、そこにたどり着けるような伏線を貼って誘導する、

これが伏線トークです。

■伏線トークの具体例

伏線トークを使えば、こちらの想定通りに相手を動かしやすくなります。

では、具体的にどのような伏線トークを使えばいいのでしょうか。

ここでは、僕が良く使う伏線トークをご紹介いたします。

・伏線トーク①(デートの前日)

「明日はよろしくね!折角のデートだしかわいい格好で着てね。

明日はいいなって思ったら積極的になるかもだからよろしく!(笑)」

「わかった(笑)」

  • まず「デート」というワードを使うことで、友達ではなく男女として会うことをイメージさせる
  • 「積極的になるかもしれない」と伝えておくことで、当日ホテルに誘いやすくなる

・伏線トーク②

「なんか俺っていいなって思ったらすぐ行動するタイプなんだよね。

だってナヨナヨして『あっ…あっ…』みたいにオドオドしてるキモイ童貞男より、

いいなって思ったら即行動するほうが男としてカッコいいし、リードできるいい男じゃん。

○○ちゃんも童貞よりリードしてくれる男の方が良いでしょ?」

「うん」

  • 「リードする男の方がカッコいい」、「行動する男の方が良い男」と伝えておくことで、ホテルに誘うことを正当化しておく
  • いざホテル前についたときに拒否された場合に、「え?即行動できる男の方が好きって言ってたじゃん!?嘘ついたの?」と論破できる

・伏線トーク③

「元カノとは何で別れたの?」

「ここだけの話、いい子だったんだけどなんか体の相性が悪かったんだよね。

やっぱり俺は好きって気持ちだけじゃダメだなって思ったよ。」

  • 「体の相性も大切にする」と伝えておくことで、男女の関係を意識させる
  • 付き合う前のS〇Xを正当化できる

いかがでしょうか。

このようにLINEでのやり取り、そしてデート中に

「俺は当日ホテルに誘うぞ!」

「ホテルに誘えるような即行動できる男ってカッコいいよな!」

「リードしてついてきてくれる女の子が俺は好きだ!」

「ってことで、当然お前は俺についてくるよな?」

という流れで伏線を貼っておくのです。

これだけで当日ホテルに誘う心理的ハードルがグッと下がりますし、

女の子側もホテルに誘われた際に断りにくくなります。

■トークは「何を言わないか」が大事

「デートでなんか思うように盛り上がらない」

「ホテルに誘ったらすごい拒否された」

という方は、「そもそも会話を膨らませすぎている」可能性があります。

  • 仕事のこと
  • 休日のこと
  • 趣味のこと
  • 出身のこと

など会話を膨らませすぎた結果、トークテーマが幅広くなりすぎて

「結局この会話によってどうなりたかったのか」、

要はゴールを見失ってしまい話がまとまらないパターンが多々あります。

会話は何を話すのかよりも、何を話さないのかを明確に決めておいた方が上手くいきます。

デートで話すのは

  • 恋愛に関係すること
  • ゴールの伏線になること
  • 相手の判断材料になること

のみ。

それ以外のゴールにつながらない話はしない、と明確に決めておくとトークは上手くいくのです。

中には「トークでは伏線しか貼らない」と決めてデートに挑んでいる人もいるくらいです。

基本的にトークとは、

いろんなテーマのことを広く話すよりも、1つのテーマを深く話す方が盛り上がるもの。

会話が苦手な人は是非参考にしてみてください。

■会話を回す富樫になれ

さて、今回は「伏線トーク」についてまとめて参りました。

会話中に伏線を貼っておくことで相手をゴールに導きやすくなる、

ということでしたね。

その伏線の貼り方は、みんな大好き「Hunter×Hunter」の富樫先生そのもの。

確かに、漫画を描くときの

「こういう結末にしたいから、ここで伏線を貼って読者に考察してもらう」

という感覚と似ているかもしれません。

「Hunter×Hunter」も伏線の貼り方半端ないですもんね。(笑)

まさに伏線の天才、富樫先生になったつもりで

トークを回してみてください。

そうすれば二人の恋物語がきっと盛り上がることでしょう…。

では今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました